RubyMine で Rails Tutorial 1章

Rails Tutorial では Rails は 5.1.4 になっていますが、最新版の 5.2.0 でやってみます。

開発環境は RubyMine を使うことにしました。

hello_app でプロジェクトを作成します。

自動的にあれこれ作成されたり gem install が走っていたりします。

再生ボタンを押すと rails server が起動して、ブラウザから http://localhost:3000 にアクセスすると起動画面がでてきます。

次は hello world ですね。

app/controllers/application_controller.rb を開いて編集します。いろいろ補完が効いて便利です。

config/routes.rb を編集して、上で定義したメソッドが呼ばれるようにします。

ブラウザで http://localhost:3000 を開いていた画面をリロードすると hello, world! と出るようになりました。

このとき、RubyMine の Console でログが出ているのも見ておきましょう。

git は下のほうにある Version Control のタブで操作します。

Unversioned Files の対象を browse のリンクからクリックして、git の管理下に繰り入れます。

commit ボタンをクリックします。

Commit Message を入れて Commit ボタンを押すと git に入ります。

今回は使いませんが、github の設定もしておきます。

メニューから Preferences を選択して、Version Control → GitHub を開きます。
Create API Token をクリックすると github のユーザ名とパスワードを聞かれて、二段階認証を経てトークンが作成されるようになります。

Test をクリックしてアクセスできることを確認しておきましょう。

Heroku にデプロイしてみます。

まず Gemfile を編集して、production では DB のドライバに PostgreSQL を使うようにします。

heroku コマンドでログインして、アプリケーションの作成、デプロイをします。

Bitbucket については省略しました。

Minishift

昨日作った Minishift ですが、ネットワーク共有の設定が変わってしまって Wi-Fi が繋がらなくなったため、よくわかっている VirtualBox を使うようにしてみました。

メモリも 2GB から 16GB に増やしてます。

CPUの数も増やしてみました。設定は config に設定しておくといいようです。

Minishift on Mac

Minishift を試してみました。マニュアルに沿ってインストール。

インストールできたら起動。

むぅ。起動せず。~/.minishift を消してやり直し。–v=10 はログを詳細に出す指定です。

今度は起動しました。

oc コマンドにPATHを通す設定を ~/.bash_profile に追加しておきます。

きょうはここまで。

再び Clojure

JDK 10 + Clojure 1.9.0 にしてみました。

leiningen は使わなくてもいいみたいです。まだよくわかっていません。

また気が向いたらあれこれ遊んでみます。

.gitconfig

完全に自分あてのメモですが、こんな感じにしています。

Windows10 + Sphinx

困ったのでメモ。Windows はいろいろと流儀が違うので困ります。

まずは https://chocolatey.org/ をインストール。PowerShell を管理者権限で起動。

Python をインストール。

PS C:\> choco install python

環境変数 Path に C:\Python36 と C:\Python36\Scripts を追加。

新しく PowerShell をまた管理者権限で開き直して、pip で sphinx をインストール。

PS C:> pip install sphinx --proxy=http://proxy.example.net:8080

これでようやく sphinx-build などが使えるようになります。

Clojure始めました

最近ちょっと勉強し始めています。

JDK 9 ではうまく動かなかったので8に入れ直し、brew install leiningen から。

 

Rails 5.1 + jQuery

Rails 5.1 で jQuery のサポートがなくなったということで、あれこれ動かなくなってしまう場合があります。

Gemfile にjquery-railsを追加します。

app/assets/javascripts/application.js をこのように修正しましょう。

とりあえず5.0と同じように使いたいときの急場凌ぎということで。

44歳

12日に44歳になりまして。ブログは1995年からやってたんですけど、中断があったり移転したりでぼちぼちですね。

技術的なネタでちょっと残しておきたいなーというのをまとめようかなと思ってます。

 

 

Cloud Control 13cR2 + RMAN + Data Guard 12cR1

昨日作った Cloud Control で Data Guard をやってみます。

ターゲットの認識から。

こんな感じで認識できればOKです。ora1 (192.168.0.9) と ora2 (192.168.0.10) の2台で、それぞれいくつかデータベースを作りました。

 

コンテナデータベースとして作った orcl を選んで、可用性からスタンバイ・データベースの追加に進みます。

フィジカルスタンバイを作ろうとしたらNOARCHIVELOGモードだと言われました。ふむふむ。

無事アーカイブログモードに出来ました。

リカバリカタログの設定もしてみます。rc データベースをリカバリカタログにします。

マニュアルはこちらですね。

http://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/BRADV/rcmcatdb.htm#GUID-E836E243-6620-495B-ACFB-AC0001EF4E89

RMAN で接続してリカバリカタログを作ります。

バックアップが取れて管理されることも確認してみますか。

無事 RMAN も使えるようになったということで、本題の Data Guard に戻ります。orcl データベースのフィジカルスタンバイを作ります。

ora2 (192.168.0.10) の同じ場所に作るという形にしてみました。

ジョブを起動したらのんびり待ちです。これがまた緊張するんですよね… Platinum 試験だと時間がないんですよ。ドキドキします。練習して心構えだけでもしておきましょう。

無事終わったら「Data Guardサマリー」に出てきます。

いったんここまで。