Oracle Database には Database Control が付属してきまして Enterprise Manager が使えますが、Grid Control で管理することもできます。

Grid Control のための Agent をインストールして一括管理するための設定を行います。

環境

ora1 ではデータベースを作っておかなくても大丈夫ですが、 作った場合は Enterprise Manager の設定は入れないでください。 もし入れてしまった場合には emca で削除しましょう。

#pre{{ $ $ORACLE_HOME/bin/emca -deconfig dbcontrol db -repos drop }}

この方法については詳しくは述べません。

必要なもの

Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control Management Agent からダウンロードしてきます。

ora1 に agent をインストール

ora1 で zip ファイルを展開しておきます。 /home/oracle/GCagent/ 以下に展開しました。

runInstaller を起動します。 外からログインして X を飛ばしていると フォントが化けるので、英語環境で起動しました。

#pre{{ [oracle@ora1 ~]$ export LANG=C [oracle@ora1 ~]$ cd GCagent/linux_x64/agent [oracle@ora1 agent]$ ./runInstaller }}

1.png

2.png

3.png

4.png

5.png

6.png

7.png

8.png

9.png

10.png

#pre{{ [root@ora1 ~]# /u01/app/oracle/product/agent10g/root.sh Running Oracle10 root.sh script...

The following environment variables are set as:

   ORACLE_OWNER= oracle
   ORACLE_HOME=  /u01/app/oracle/product/agent10g

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]: The file "dbhome" already exists in /usr/local/bin. Overwrite it? (y/n) [n]: The file "oraenv" already exists in /usr/local/bin. Overwrite it? (y/n) [n]: The file "coraenv" already exists in /usr/local/bin. Overwrite it? (y/n) [n]:

Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by Database Configuration Assistant when a database is created Finished running generic part of root.sh script. Now product-specific root actions will be performed. Finished product-specific root actions. [root@ora1 ~]# }}

11.png

12.png

agent の動作確認

agent から Grid Control へ放っておいても通信するようですが、 初回は登録という意味も込めて手動でやってみます。

#pre{{ [oracle@ora1 ~]$ export ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/agent10g [oracle@ora1 ~]$ $ORACLE_HOME/bin/emctl upload agent Oracle Enterprise Manager 10g Release 5 Grid Control 10.2.0.5.0. Copyright (c) 1996, 2009 Oracle Corporation. All rights reserved.


EMD upload error: uploadXMLFiles skipped :: OMS version not checked yet.. }}

うまくいきません。

http://forums.oracle.com/forums/thread.jspa?messageID=2453352 を参考にして、 一度初期化してやり直してみます。

#pre{{ [oracle@ora1 ~]$ $ORACLE_HOME/bin/emctl stop agent Oracle Enterprise Manager 10g Release 5 Grid Control 10.2.0.5.0. Copyright (c) 1996, 2009 Oracle Corporation. All rights reserved. Stopping agent ... stopped. [oracle@ora1 ~]$ rm -rf $ORACLE_HOME/sysman/emd/upload/* [oracle@ora1 ~]$ rm -rf $ORACLE_HOME/sysman/emd/state/* [oracle@ora1 ~]$ $ORACLE_HOME/bin/emctl clearstate agent Oracle Enterprise Manager 10g Release 5 Grid Control 10.2.0.5.0. Copyright (c) 1996, 2009 Oracle Corporation. All rights reserved. EMD clearstate completed successfully [oracle@ora1 ~]$ $ORACLE_HOME/bin/emctl secure agent Enter Agent Registration Password : Securing agent... Successful. [oracle@ora1 ~]$ $ORACLE_HOME/bin/emctl start agent Oracle Enterprise Manager 10g Release 5 Grid Control 10.2.0.5.0. Copyright (c) 1996, 2009 Oracle Corporation. All rights reserved. Starting agent ...... started. }}

これで再度 upload を試してみます。

#pre{{ [oracle@ora1 ~]$ $ORACLE_HOME/bin/emctl upload agent Oracle Enterprise Manager 10g Release 5 Grid Control 10.2.0.5.0. Copyright (c) 1996, 2009 Oracle Corporation. All rights reserved.


EMD upload completed successfully }}

うまくいきました。status も見てみます。

#pre{{ [oracle@ora1 ~]$ $ORACLE_HOME/bin/emctl status agent Oracle Enterprise Manager 10g Release 5 Grid Control 10.2.0.5.0. Copyright (c) 1996, 2009 Oracle Corporation. All rights reserved.


Agent Version : 10.2.0.5.0 OMS Version : 10.2.0.5.0 Protocol Version : 10.2.0.5.0 Agent Home : /u01/app/oracle/product/agent10g Agent binaries : /u01/app/oracle/product/agent10g Agent Process ID : 19782 Parent Process ID : 19766 Agent URL : https://ora1.sugimura.homelinux.org:3872/emd/main/ Repository URL : https://em1.sugimura.homelinux.org:1159/em/upload Started at : 2009-08-12 19:33:01 Started by user : oracle Last Reload : 2009-08-12 19:34:01 Last successful upload : 2009-08-12 19:34:48 Total Megabytes of XML files uploaded so far : 11.97 Number of XML files pending upload : 0 Size of XML files pending upload(MB) : 0.00 Available disk space on upload filesystem : 6.29% Last successful heartbeat to OMS : 2009-08-12 19:34:07


Agent is Running and Ready }}

これで ora1 の情報は em1 の Grid Control に伝わるようになりました。

DB の登録

DB を Grid Control で管理できるようにします。

ここでは DBCA で DB を作りました。 途中で Grid Control を指定して管理するという画面が出てきます。

20.png

Grid Control から見てみます。

21.png

22.png

「ターゲット」をクリックします。

23.png

作ったインスタンスの orcl をクリックします。

24.png

DB の中身を見ようとしますと認証を求められます。 あとは慣れた EM と同じです。

25.png

DB を後から追加する

DBCA 以外で作った DB を追加する方法についてまとめてみました。

まず、DBSNMP ユーザで接続できるようにします。 状態を確認してみると次のようになっていました。

#pre{{ SQL> select username, account_status from dba_users

 2  where username = 'DBSNMP';

USERNAME


ACCOUNT_STATUS


DBSNMP EXPIRED & LOCKED }}

直して使えるようにします。

#pre{{ SQL> alter user DBSNMP account unlock;

ユーザーが変更されました。

SQL> alter user DBSNMP identified by xxxxxxxx;

ユーザーが変更されました。

SQL> }}

NetServices 経由で接続できることを確認します。

#pre{{ [oracle@ora1 ~]$ sqlplus dbsnmp/xxxxxxxx@orcl

SQL*Plus: Release 11.1.0.6.0 - Production on 土 8月 15 14:54:13 2009

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.

Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - 64bit Production With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options に接続されました。 SQL> quit Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - 64bit Production With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing optionsと の接続が切断されました。 [oracle@ora1 ~]$ }}

必須なのかどうかはわかっていませんが、 あとは OMS 側で tnsnames.ora を書いておきます。

#pre{{ [oracle@em1 ~]$ export ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/oms10g [oracle@em1 ~]$ cd $ORACLE_HOME/network/admin [oracle@em1 admin]$ cat tnsnames.ora orcl=

 (DESCRIPTION=
   (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=ora1)(PORT=1521))
   (CONNECT_DATA=
     (SERVICE_NAME=orcl)))

[oracle@em1 admin]$ }}

tnsping して確認します。 OMS から対象のデータベースにつながるということです。

#pre{{ [oracle@em1 admin]$ $ORACLE_HOME/bin/tnsping orcl

TNS Ping Utility for Linux: Version 10.1.0.5.0 - Production on 15-AUG-2009 15:04:02

Copyright (c) 1997, 2003, Oracle. All rights reserved.

Used parameter files:

Used TNSNAMES adapter to resolve the alias Attempting to contact (DESCRIPTION= (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=ora1)(PORT=1521)) (CONNECT_DATA= (SERVICE_NAME=orcl))) OK (0 msec) }}

Grid Control の画面からアクセスしてみます。

31.png

「ターゲット」をクリックします。

32.png

ora1 に DB インスタンスを追加しているのでそちらをクリック。

33.png

まずはサーバとしての ora1 の情報が出てきます。 中の「ターゲット」をクリックします。

34.png

新しく作ったインスタンスは orcl です。 「可用性」のところを見ると認識されているようです。

DB に付属の Enterprise Manager と同じような画面になりました。

35.png

DB の情報を何か見ようとすると認証を求められます。 sys as sysdba でログインしてみます。

36.png

これは表領域を見た例です。

37.png

あとの使い方は同じです。

補足

Jeff Hunterさんの解説 だと インスタンスへに対して DBSNMP ユーザを使って接続して 構成する例があるんですが、うちの環境では接続しようとせずにエラーとなりました。

上記のように sys ユーザで接続して DB の中を管理するのは 普通にできるので、ここでは気にしないことにします。



添付ファイル: file37.png 476件 [詳細] file36.png 410件 [詳細] file35.png 404件 [詳細] file34.png 428件 [詳細] file33.png 422件 [詳細] file32.png 391件 [詳細] file31.png 411件 [詳細] file25.png 418件 [詳細] file24.png 423件 [詳細] file23.png 434件 [詳細] file20.png 435件 [詳細] file22.png 417件 [詳細] file21.png 438件 [詳細] file12.png 423件 [詳細] file11.png 415件 [詳細] file10.png 408件 [詳細] file9.png 440件 [詳細] file8.png 450件 [詳細] file7.png 416件 [詳細] file6.png 413件 [詳細] file5.png 412件 [詳細] file4.png 443件 [詳細] file3.png 440件 [詳細] file2.png 437件 [詳細] file1.png 412件 [詳細]

トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-29 (土) 15:27:48