11gR1 で作った DB を R2 用にアップグレードします。

参考文献

アップグレード

DBUA (Database Upgrade Assistant) を使ってみます。

DBUA の中でもバックアップは取れますが、 念のため先にも取っておきましょう。

dbua で起動します。

#pre{{ [oracle@ora1 ~]$ dbua }}

1.png

2.png

3.png

4.png

警告が出てきますが、無視してしまいました。 TIMEZONE 周りの更新ができるようであればもちろんやったほうがいいでしょう。

統計は運用しているDBならば取っておいたほうがいいです。

5.png

6.png

7.png

8.png

9.png

10.png

11.png

かなりの時間が掛かるので根気強く待ちましょう。 自分で入れているデータが少なければ、 新規にDBを作ってexp/impしたほうがいいかもしれません。

止まっているように見えるときはダイアログが隠れていることがあります。 この環境では DBMS_JAVA パッケージについての警告が出ました。 これも例によって無視して進めています。

12.png

終わりました。

13.png

アップグレード結果が出ますので一通り見ておきましょう。

動作確認

sqlplus からアクセスしてみます。

#pre{{ [oracle@ora1 ~]$ sqlplus scott/tiger

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 日 9月 6 17:38:43 2009

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle. All rights reserved.

Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options に接続されました。 SQL> select * from dept ... SQL> conn / as sysdba 接続されました。 SQL> show sga

Total System Global Area 705699840 bytes Fixed Size 2216624 bytes Variable Size 650120528 bytes Database Buffers 50331648 bytes Redo Buffers 3031040 bytes SQL> select * from v$version;

BANNER


Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production PL/SQL Release 11.2.0.1.0 - Production CORE 11.2.0.1.0 Production TNS for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production NLSRTL Version 11.2.0.1.0 - Production

SQL> quit Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing optionsと の接続が切断されました。 }}

設定ファイルの見直し

初期化パラメータファイルやネットワークの構成ファイルなどを見直しましょう。



添付ファイル: file13.png 522件 [詳細] file12.png 480件 [詳細] file11.png 477件 [詳細] file10.png 456件 [詳細] file9.png 519件 [詳細] file8.png 567件 [詳細] file7.png 502件 [詳細] file6.png 553件 [詳細] file5.png 499件 [詳細] file4.png 509件 [詳細] file3.png 465件 [詳細] file2.png 523件 [詳細] file1.png 534件 [詳細]

トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-29 (土) 15:27:48