Oracle Database 10g クイック・インストレーション・ガイド を見ながら作業すればインストールできますが、 CentOS 4.3 では少々違うところがあります。

不足パッケージ

ガイドでの「ソフトウェア要件」では RHEL4.0 にだいたい従えばいいのですが、 そのリストには libaio がないのでインストールします。

# yum install libaio

sysctlの設定

/etc/sysctl.conf を次のように書きます。 rmem/wmem 周りがガイドとちょっと異なります。

kernel.shmall = 2097152
kernel.shmmax = 2147483648
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
fs.file-max = 65536
net.ipv4.ip_local_port_range = 1024 65000
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 262144
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 262144

再起動せずに読み込ませるには、次のようにします。

# sysctl -e -p /etc/sysctl.conf

完了

上の2点以外はガイドに従って、簡単にインストールが終わりました。

EM へアクセスして確認しましょう。

Oracle10gR2-EM.png



添付ファイル: fileOracle10gR2-EM.png 428件 [詳細]

トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-29 (土) 15:27:48