Front page   Edit Freeze Diff Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

技術文書/Oracle/CentOS3.8にOracle10gR1をインストール

Last-modified: Sat, 29 Jan 2011 15:27:48 JST (4322d)
Top > 技術文書 > Oracle > CentOS3.8にOracle10gR1をインストール

Oracle Database 10g クイック・インストレーション・ガイド を参考にしてインストールします。 このドキュメントを見るには、OTNの無料会員登録が必要です。

必要なもの EditEdit(GUI)

CentOS 3.8 は Red Hat Enterprise Linux 3 互換ということで、 上のドキュメントの16ページに載っているリストを確認します。

  • kernel 2.4.15
  • gcc-3.2.3-34
  • gcc-c++-3.2.3-34
  • glibc-2.3.2-95.20
  • make-3.79.1
  • openmotif21-2.1.30-8
  • setarch-1.3-1
  • compat-db-4.0.14-5
  • compat-gcc-7.3-2.96.128
  • compat-gcc-c++-7.3-2.96.128
  • compat-libstdc++-7.3-2.96.128
  • compat-libstdc++-devel-7.3-2.96.128

入ってなければ yum install ... などでインストールします。 rpm -q ... で確認できたら次へ進みます。

カーネルパラメータの設定 EditEdit(GUI)

/etc/sysctl.conf で設定します。

kernel.shmall = 2097152
kernel.shmmax = 2147483648
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
fs.file-max = 65536
net.ipv4.ip_local_port_range = 1024 65000

再起動すれば有効になりますが、 すぐ有効にしたければ sysctl -p します。

[root@domain-1 root]# sysctl -p /etc/sysctl.conf

グループとユーザの作成 EditEdit(GUI)

グループは oinstall と dba、ユーザとして oracle を作ります。

[root@domain-1 root]# groupadd oinstall
[root@domain-1 root]# groupadd dba
[root@domain-1 root]# useradd -g oinstall -G dba oracle
[root@domain-1 root]# passwd oracle

ディレクトリの作成 EditEdit(GUI)

  • /u01/app/oracle (Oracle ベースディレクトリ)
  • /u02/oradata (Oracleデータファイルディレクトリ)

の2つを作ります。

[root@domain-1 root]# mkdir -p /u01/app/oracle /u02/oradata
[root@domain-1 root]# chown -R oracle:oinstall /u01/app/oracle /u02/oradata
[root@domain-1 root]# chmod -R 775 /u01/app/oracle /u02/oradata

シェルの制限の設定 EditEdit(GUI)

/etc/security/limits.conf に下記の行を追加します。

oracle   soft  nproc  2047
oracle   hard  nproc  16384
oracle   soft  nofile 1024
oracle   hard  nofile 65536

/etc/pam.d/login に設定を追加します。

session required pam_limits.so

インストール EditEdit(GUI)

基本的な設定が終わったら、 runInstaller を起動してインストールしていきます。

OTN からダウンロードして来たファイルを展開します。

[oracle@domain-1 oracle]$ gunzip ship.db.lnx32.cpio.gz
[oracle@domain-1 oracle]$ cpio -idmv < ship.db.lnx32.cpio

runInstaller でインストーラを上げて、 あとはメニューに従ってインストールしていきます。

ここでは Xen の domU に入れるので、 X の画面を dom0 の 192.168.1.2:0 に出すようにしています。 dom0 側では xhost + しておいてから、次のように実行します。

[oracle@domain-1 oracle]$ export LANG=ja_JP.eucJP
[oracle@domain-1 oracle]$ export DISPLAY=192.168.1.2:0
[oracle@domain-1 oracle]$ DISK1/runInstaller

注意する点はこのあたりです。

  • Oracleホームを /u01/app/oracle/product/10.1.0/Db_1 に変更
  • 初期データベースの作成は行わない
  • openmotif がインストールされていないと警告が出るが、openmotif21 が入っていれば無視

インストール後の設定 EditEdit(GUI)

oracle ユーザの .bash_profile に環境変数を設定しておきます。

ORACLE_SID=ORCL
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/10.1.0/Db_1
PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib
LANG=ja_JP.eucJP

export ORACLE_SID
export ORACLE_HOME
export PATH
export LD_LIBRARY_PATH
export LANG

DBソフトウェアのインストールはここまでで完了です。



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White