Front page   Edit Freeze Diff Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

技術文書/Oracle/11g/GridControlでDataGuard

Last-modified: Sat, 29 Jan 2011 15:27:48 JST (4322d)
Top > 技術文書 > Oracle > 11g > GridControlでDataGuard

Data Guard を手で構築するのはかなり大変ですが、 Grid Control を使えば簡単にできます。

フィジカル・スタンバイ・データベースの作成 EditEdit(GUI)

インスタンスのページを開きます。

1.png

スタンバイ・データベースの追加をクリックします。

2.png

さらにスタンバイ・データベースの追加のボタンを押します。

3.png

フィジカル・スタンバイ・データベースの作成を選択して続行。

4.png

バックアップを取っていないので、RMAN を使ってデータベースを複製します。11g の新機能ですね。

5.png

バックアップのための認証の設定など。

6.png

スタンバイデータベースの基本設定をします。

7.png

ネットワークの設定はそのままでいいでしょう。 Customize を押すとファイルの場所を細かく指定できます。

8.png

管理したいように入れましょう。OKを押して次。

9.png

データベース名などを設定します。

スタンバイ・アーカイブの場所はなぜか フラッシュリカバリ領域としてしか設定できませんでした。

これで最後の確認画面に来ます。

10.png

スタンバイ・データベース記憶域も再度確認して、 終了を押せば実行開始。

11.png

あとは黙ってみているだけです。

12.png

「作成の進行中」をのぞいてみると、 ジョブの進み具合がわかります。

13.png

無事終わればそのままスタンバイデータベースとして 稼働していることがわかります。REDO Apply の状況もわかります。

14.png

スイッチ・オーバー EditEdit(GUI)

スイッチ・オーバーも画面からできてしまいます。

15.png

スナップショット・スタンバイへの変換 EditEdit(GUI)

変換のボタンを押すとスナップショット・スタンバイへ変換できます。 逆もできます。

16.png

17.png

18.png



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White