Front page   Edit Freeze Diff Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes

技術文書/Linux/CentOS5でrawデバイスを使う

Last-modified: Sat, 29 Jan 2011 15:27:48 JST (3595d)
Top > 技術文書 > Linux > CentOS5でrawデバイスを使う


CentOS 4 と 5 では、raw デバイスの使い方が異なります。

CentOS 4 まで EditEdit(GUI)

/etc/sysconfig/rawdevices にマッピングを書いていました。

/dev/raw/raw1 /dev/sda1
/dev/raw/raw2 8 5

CentOS 5 では EditEdit(GUI)

Red Hat のマニュアルである Red Hat Enterprise Linux 5 ドキュメント のリリースノートに詳しく書いてあります。

/etc/udev/rules.d/60-raw.rules に追加していきます。 何も定義されていないときはこのようになっています。

[root@localhost ~]# cat /etc/udev/rules.d/60-raw.rules 
# This file and interface are deprecated.
# Applications needing raw device access should open regular
# block devices with O_DIRECT.
#
# Enter raw device bindings here.
#
# An example would be:
#   ACTION=="add", KERNEL=="sda", RUN+="/bin/raw /dev/raw/raw1 %N"
# to bind /dev/raw/raw1 to /dev/sda, or
#   ACTION=="add", ENV{MAJOR}=="8", ENV{MINOR}=="1", RUN+="/bin/raw /dev/raw/raw2 %M %m"
# to bind /dev/raw/raw2 to the device with major 8, minor 1.

あまり major/minor で指定することもないと思うので、 上の例を使うのが簡単そうです。 /dev/sd[bcde]1 → /dev/raw/raw[1234] にするにはこのように書きます。

ACTION=="add", KERNEL=="sdb1", RUN+="/bin/raw /dev/raw/raw1 %N"
ACTION=="add", KERNEL=="sdc1", RUN+="/bin/raw /dev/raw/raw2 %N"
ACTION=="add", KERNEL=="sdd1", RUN+="/bin/raw /dev/raw/raw3 %N"
ACTION=="add", KERNEL=="sde1", RUN+="/bin/raw /dev/raw/raw4 %N"

さらに permission の設定が必要ならば、 この後に実行される rule ファイルを書きます。

上のファイルが 60- なので、それより大きな番号で 例えば /etc/udev/rules.d/61-raw-permission.rules に 次のように書きます。

KERNEL=="raw1", MODE="0640", OWNER="root", GROUP="oinstall"
KERNEL=="raw2", MODE="0640", OWNER="oracle", GROUP="oinstall"
KERNEL=="raw3", MODE="0660", OWNER="oracle", GROUP="dba"
KERNEL=="raw4", MODE="0660", OWNER="oracle", GROUP="dba"


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White