PyCharm で Django その2

https://docs.djangoproject.com/ja/2.1/intro/tutorial02/

mysite/settings.py で設定。

DB はそのまま sqlite3 を使うことにしました。

国際化のところは日本に。

Terminal で migrate します。

次は Model の作成。
class の引数が親クラスというのはどうも気持ち悪い。。

Model を追加したら settings.py に追加するようです。PyCharm が補完してくれます。

makemigrations します。このへんはちょっと流儀が Ruby on Rails と違いますね。

migrate して DB に反映させます。

チュートリアルに書いてありますが、

1. モデルを作る (models.py)
2. マイグレーションファイルを作る (python3 manage.py makemigrations)
3. マイグレーションする (python3 manage.py migrate)

こういう流れですね。

次の API で遊んでみるというのは Rails で言うところの irb や rails console みたいなものだと思います。
tab 補完も効きますね。

models.py に少々実装しますが、import を忘れていたりすると警告が出ますし、補完も効くのでわかりやすいです。

次は Django admin を入れていきます。管理者ユーザを作るところから。

サーバを起動してブラウザからアクセス。

ログインするとこんな画面でした。コード書いてないのに標準で認証や認可の仕組みが入っているようです。

polls/admin.py を書きます。

即反映されて、レコードをいじれたりするようになってました。

その2 はここまでです。

PyCharm で Django その1

https://docs.djangoproject.com/ja/2.1/intro/tutorial01/

「Polls アプリケーションをつくる」から進めていきます。

Terminal から実行するとディレクトリとファイルが一式作られました。

ビューを書いていきます。

改行の数にも意味があるんですね。。2つにしないと警告が出ました。

polls/urls.py と mysite/urls.py を書いて、サーバを起動し直せば作ったビューが出てきます。

PyCharm で Django はじめに

https://docs.djangoproject.com/ja/2.1/intro/
こちらに沿って進めてみようと思います。

PyCharm を起動します。

プロジェクト名を mysite として、Python 3.7 を指定して作りました。

プロジェクトが作られた後に右上にある再生ボタンを押すと、早速起動します。

ブラウザからも開けました。

これでまずは開発できるようになったということですね。

PyCharm の設定で、Toolbar も表示しておくようにするのが好みです。

こんな感じになりました。アップロード用にちょっと幅や高さを小さくしています。