Cloud Control 13cR2 + RMAN + Data Guard 12cR1

昨日作った Cloud Control で Data Guard をやってみます。

ターゲットの認識から。

こんな感じで認識できればOKです。ora1 (192.168.0.9) と ora2 (192.168.0.10) の2台で、それぞれいくつかデータベースを作りました。

 

コンテナデータベースとして作った orcl を選んで、可用性からスタンバイ・データベースの追加に進みます。

フィジカルスタンバイを作ろうとしたらNOARCHIVELOGモードだと言われました。ふむふむ。

無事アーカイブログモードに出来ました。

リカバリカタログの設定もしてみます。rc データベースをリカバリカタログにします。

マニュアルはこちらですね。

http://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/BRADV/rcmcatdb.htm#GUID-E836E243-6620-495B-ACFB-AC0001EF4E89

RMAN で接続してリカバリカタログを作ります。

バックアップが取れて管理されることも確認してみますか。

無事 RMAN も使えるようになったということで、本題の Data Guard に戻ります。orcl データベースのフィジカルスタンバイを作ります。

ora2 (192.168.0.10) の同じ場所に作るという形にしてみました。

ジョブを起動したらのんびり待ちです。これがまた緊張するんですよね… Platinum 試験だと時間がないんですよ。ドキドキします。練習して心構えだけでもしておきましょう。

無事終わったら「Data Guardサマリー」に出てきます。

いったんここまで。