Solaris11 IPMP

きょうはIPMPでもやってみますか。

まず2本NICを刺しておきます。起動したら両方ともDHCPでIPアドレスが振られてました。

これらを link-based IPMP にして、IPアドレスを1つ付けるように変えてみます。

まずいま付いているIPアドレスを削除。

次にIPMPインタフェースを作成します。

IPMPに対してIPアドレスを振ります。ここでは 192.168.0.220 にしました。

いまは inbound に net0、outbound に net0 と net1 の両方が使われていることがわかります。

VMware で net0 を止めてみます。

IPMP

ssh で接続していたのですが、セッションが切れずに net1 だけが使われるようになりました。

syslog には次のように記録されます。

戻しておきます。接続復旧時の syslog はこんな感じ。

(参考文献)

 

(補足)

そのままでは外に出ないようになっていました。

デフォルトゲートウェイを追加しておきます。

外には出ることができるようになりましたが、名前が引けないので設定しておきます。

これで名前も引けるようになりました。